ホワイトリボン支援活動

ラクトフェリンラボは、
I LADY.キャンペーンを支援しています

I LADYキャンペーン

I LADY.キャンペーンとは?

I LADYキャンペーンについて詳細はこちら国際協力NGOジョイセフは、I LADY.キャンペーンを通して日本の女性たちに、そして世界の女性たちに「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」を普及する活動を行っています。

※リプロダクティブ・ヘルス/ライツとは、女性が身体的・精神的・社会的な健康を維持し、 子どもを産むかどうか、いつ産むか、どれくらいの間隔で産むかなどについて選択し、 自ら決定する権利のことです。

ラクトフェリンラボは、
ホワイトリボンの「MOM meets MOMプロジェクト」を
全面的にサポートしています

MOM meets MOMプロジェクト

MOM meets MOMプロジェクトとは?

世界中の妊産婦を守る運動「ホワイトリボン」。
その支援の輪を広げるために、世界の妊産婦やママがおかれた状況を日本のママたちにも知ってもらうことで共感しあい、世界中のママたちがつながって支えあっていけたら。
そんな願いこめてスタートしたのが、このプロジェクト。

海の向こうを知ることで見えてくることとは?
世界をひろげるあたらしい一歩をふみだします。

プロジェクトレポート

2014年12月タンザニアの支援地域に
「母子保健棟ミルキーハウス」があたらしく完成

タンザニアでは、現地の診療所に分娩台もない診療所があり、施設が充実していないために、多くの妊産婦が自宅出産を選ぶほかありません。医学的な知識もなく、消毒も十分ではない状況で命を落としてしまう妊産婦が後を絶たないのが現実です。

母子保健棟とは、妊産婦の産前産後の健診、分娩、そして出産後などに休養や入院ができるだけでなく、女性たちが家族計画や性感染症の相談ができる施設のこと。
タンザニアにあるムワマカランガ診療所の母子保健棟は、毎日約1件のお産を取り上げていた村の診療所ですが、古くて天井が抜け落ちているなど劣化が著しかったため、改修ではなく、新たに立て直さなければならなくなりました。

以前の母子保健棟

そこで、2014年12月に4年の月日をかけて、ラクトフェリンラボの売上げによる寄付で、あらたな母子保健棟、通称「ミルキーハウス」が完成しました。

「ミルキーハウス」では、分娩台に待合室、予防接種室、家族計画講義室、産後の休憩室、シャワー室、水洗トイレなどが完備されています。
また、以前は窓を閉じると真っ暗になる木窓の部屋でしたが、ガラス窓に変わったことで明るい部屋になり、現地ではこのような建物が非常に珍しいことから、「あのガラス窓がついた建物で出産してみたい」という声が多く、憧れの建物となっています。

ジョイセフでは、
「施設設備」に加え、診療所で産むことの大切さの「教育活動」を行っています

ジョイセフは、2011年3月よりタンザニアにて、妊娠・出産する女性へのサポート活動をスタート。安心して出産を迎えられる施設を整備することはもちろんのこと、家族計画や妊娠・出産に対する正しい教育活動の啓蒙活動の2つが進められてきました。
なぜ診療所で産むことが大切なのか、自宅で出産するとどんな危険性があるのか、家庭訪問をしたり、講習会を開くなど、村人に伝える必要があるため、保健スタッフとコミュニティ・ヘルス・ワーカー(CBSP)の育成に努めています。
妊産婦の夫への教育も大切なことから、「ミルキーハウス」にも講義室が設置されています。

2015年6月堂珍敦子さんタンザニア視察
「母子保健棟ミルキーハウス」ペインティング・施工式

ジョイセフアンバサダー堂珍敦子さん。
5児のママでもあり、モデルとしても活躍中。
アフリカの女性の現状やジョイセフの活動に関心を持ち、妊産婦を守るホワイトリボン運動をサポートする女性リーダーのひとりとしてさまざまな活動をサポート。

母子保健棟「ミルキーハウス」が、村人たちにとって自分たちも一緒に作り上げた施設として「愛着」や「責任感」を持ってもらうという目的で、村人たちとペインティングを行いました。 完成セレモニーでは500人近い村人たちが集まり、村人たちからの寄付で牛が一頭さばかれ、日本スタッフを歓迎してくれました。

取材を兼ねて、ジョイセフアンバサダーでありモデルの堂珍敦子さんが現地を視察。誕生学アドバイザーの資格を持つ堂珍さんは、村人たちを対象に妊娠や出産の仕組みなどを説明するセッションを行いました。

タンザニアには、若者たちの望まない妊娠や、HIV/AIDSの問題が山積みにされている地域があるため、ジョイセフでは若者支援プロジェクトを行っています。そこで、プロジェクトの模様を視察。研修を受けたピア・エデュケーターの若者たちが、寸劇やトークを通して望まない妊娠や性の正しい知識についての啓発を行っていました。

視察を終えて−堂珍敦子さんのコメント

タンザニアの女性たちは本当に大変な状況に置かれているのですが、実際に話してみると、日本の女性と変わらないなと思いました。
でも、だからこそ支援で変えられることは変えていかないといけない。そしてじぶんの子どもたちの未来をよい社会にしていくためには、世界全体の環境や状況をよくしていかなければならないと思っています。
だから私にとって、ジョセフさんの活動に参加すること、子育てすることは、一緒なんです。

途上国の妊産婦や女性を守る活動に〜チャリティーピンキーリング企画〜詳しくはこちら

ラクトフェリンラボは、
途上国の赤ちゃんとママの"いのちを守る"
「ホワイトリボン活動」を支援しています。

妊娠・出産により、世界で
1日に約800人の女性が命を落としています。

世界では毎日およそ800人もの女性が妊娠や出産で命を落としています。その99%が途上国に住む女性であり、約9割が助けられる命なのです。

女性たちの美しさをサポートするスキンケアから生まれる利益の一部は、同じ女性たちと大切に共有、サポートしたいと考え、ラクトフェリンラボは製品の売上の一部でホワイトリボンの活動を支援しています。

ホワイトリボンとは?

途上国の女性が妊娠・出産すること。それは、日本では考えられない高い死亡率と隣り合わせのできごとです。
いま、開発途上国では、多くの女性が妊娠・出産によって命を落とし、新たな道、夢、そして未来が奪われています。
栄養失調や栄養不足、劣悪な衛生面、技術と知識のある助産師の不足、保健医療サービスの欠如、数多く広がる無医村、古い因習・・・。
途上国のお母さんや赤ちゃんの命を救うため、ホワイトリボン運動がスタートしました。
1999年、ホワイトリボン・アライアンス(WRA)が設立され、現在では世界150カ国以上の団体や個人が、ホワイトリボンの名のもとに集い、世界中のお母さんが安全に妊娠・出産を迎えられる世界を目指して、草の根の支援活動を行っています。

いのちをつなぎ、いのちを守る企業として

いのちをつなぐSARAYA創業からずっと、天然素材を使ったひとと自然にやさしいものづくり、そして自然と社会の調和を大切にするサラヤでは、1971年に植物系エコロジー洗剤の先がけとして誕生した手肌と地球にやさしい"ヤシノミ洗剤"の原料生産地、マレーシア・ボルネオ島の環境保全活動をはじめ、正しい手洗いを普及させることによって子どもたちの命を救うアフリカでの「100万人の手洗いプロジェクト」など、さまざまな社会活動に取り組んでいます。

ひとと自然が調和する未来のために
サラヤは積極的に社会貢献に取り組んでいます

100万人の手洗いプロジェクト

衛生商品の売上(※)の1%で、アフリカ・ウガンダでのユニセフの手洗い普及活動を支援しています。

対象商品→売上1%→ユニセフ→100万人の手洗いプロジェクト→ウガンダ

世界では途上国を中心に年間880万人もの5歳未満の子どもたちが命を失い、石けんを使って正しく手を洗うことで100万人もの子どもたちの命が守られると言われています。
手洗いからはじまったサラヤでは、薬用ハンドソープなど対象の衛生製品をご購入いただくと、売上の1%がユニセフに寄付され、アフリカ・ウガンダの子どもたちを救う手洗い促進活動の支援にあてられる活動を行っています。

※メーカー出荷額

「100万人の手洗いプロジェクト」詳しくはこちら

ボルネオ環境保全プロジェクト

ヤシノミ洗剤シリーズの売上(※)の1%が「ボルネオ保全トラスト」に使われます。

ボルネオ保全トラスト(BCT)とは、マレーシア・サバ州政府から認められた環境保全団体。失われた熱帯雨林だった土地を買い戻し、野生生物が行き来できる「緑の回廊」を回復させる活動を行っています。

※メーカー出荷額

「ボルネオ環境保全活動レポート」詳しくはこちら

セーブ・ザ・チルドレン支援

アラウ.ブランドの売上の一部が「セーブ・ザ・チルドレン」に寄付されます。

「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」を通じて、アフリカ・ウガンダの衛生環境改善を支援。
世界のこどもたちの夢と笑顔をサポートしています。

「アラウはセーブザチルドレンを応援しています」詳しくはこちら

ブルーサークル運動協賛

ラカントSは糖尿病と闘うブルーサークル運動に協賛しています。

2006年12月、国連はエイズに続く2番目の慢性疾患として、糖尿病を世界中の人々にとっての脅威であると承認しました。 サラヤは国連が決議し、国際糖尿病連合が推進するブルーサークル運動に協賛し、糖尿病予防と啓発に取り組んでいます。

「ラカントSは糖尿病と闘うブルーサークル運動に協賛しています」詳しくはこちら

途上国の妊産婦や女性を守る活動に〜チャリティーピンキーリング企画〜詳しくはこちら

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る