ホワイトリボン支援活動

スキンケアから生まれる支援の輪に、あなたもご参加ください。

世界では、1日に約830人もの女性たちが、妊娠・出産・中絶が原因で命を落としています。
その99%が開発途上国。なかでも東アフリカは「妊娠や出産が女性の命を左右する」とまで言われています。
例えばウガンダの妊産婦の死亡率は、なんと日本の69倍
一人でも多くの命を救いたい思いで、サラヤは妊産婦を支援する活動をスタートしました。

サラヤは国際協力NGO・公益財団法人ジョイセフ(JOICFP)の「ホワイトリボン運動」を通じて、
東アフリカに位置するウガンダの妊産婦が感染症で亡くなるケースが多いことを知りました。
その原因の多くは、出産後の敗血症など、不衛生な環境がもたらす感染症です。
そこでサラヤは、妊産婦を守る「SARAYA Safe Motherhood Project」を2018年から開始。
「ラクトフェリン ラボ」の売上の一部を活用し、手指消毒剤を現地のクリニックに届けています。
あなたが「ラクトフェリン ラボ」のスキンケアでキレイになれば、
ウガンダの女性たちの命が守られる、命のバトンをつなぐこの活動に、あなたも今日から参加しませんか。

プロジェクト立ち上げに、保健省大臣や日本大使、WHOの手指衛生ガイドラインの著者でもあるピッテ教授も

サラヤが長年研究を重ねて開発した「ラクトフェリン ラボ」。売上の一部は、公益財団法人ジョイセフ(JOICFP)が推進する「ホワイトリボン運動」の支援に使われます。ジョイセフは1968年に日本で生まれた国際協力NGOで、世界の妊産婦と女性の命を守る活動を続けています。

  • サラヤのアルコール手指消毒剤Alsoft Vの贈呈式

  • お母さんだけでなく、赤ちゃんの命も脅かしている感染症予防のために

ジョイセフは、ウガンダで「性と生殖に関する健康と権利」に関わる活動をしている現地NGOのRHU(リプロダクティブ ヘルス オブ ウガンダ)と協働して活動を行っています。現地をよく知るプロジェクトパートナーによって、妊産婦と女性のもとに支援の手が届く仕組みです。

RHUからアルコール手指消毒剤が現地のクリニックに届けられ、手指消毒の研修を受けた医療従事者がそれを使用し、院内感染を防ぎます。今回の届け先は、首都カンパラの郊外にあるGulu(グル)、Lira(リラ)、Apac(アパッチ)、Luwero(ルウェロ)の4カ所。支援を必要とする女性がいる限り、サラヤは今後も活動を継続していきます。

  • 正しい手指消毒方法を指導するサラヤスタッフ

  • サラヤのアルコール手指消毒剤を使用する現地の看護師

ウガンダでは不衛生な環境のために亡くなる妊産婦が多くいます。

ウガンダは20年以上も、政府 と反政府勢力の武力衝突の場となってきました。その影響で水道などのインフラ整備が進まず、貧困地区の衛生環境の悪さから感染症が蔓延しています。郊外の県には病院が1カ所ある程度で、多くの妊産婦は近くのクリニックで出産をしています。しかし医師がいるクリニックは稀で、設備も不十分。
不衛生になりがちで、敗血症などの感染症で亡くなる妊産婦が後を絶たないのです。

  • 設備がある程度整った病院内

  • 簡易手洗い設備「ティッピー・タップ(TippyTap)」。
    水道設備のない郊外でよく使われます。

※参考:WHO(世界保健機関)
World Health Statistics(世界保健統計)2018年版