SARAYAラクトフェリン研究所

ラクトフェリン研究のパイオニア

飲むラクトフェリンで注目を集める中、肌に塗るラクトフェリンの優れた力を追求、発見。SARAYAラクトフェリン研究所ではエイジングケア効果に着目し、特にハリ・弾力、うるおいの確かな美肌実感のため、肌のメカニズムとデータに基づいたスキンケア開発を行っています。
その独創的な発想と研究結果を国際学会で発表し、学会賞を獲得するなど高い評価を得て、ラクトフェリンの肌への可能性を日々研究、追求しています。

カルフォルニア大学との共同研究

ラクトフェリンの可能性を引き出す高度な研究で、世界的な評価を受ける

2011年からは、ラクトフェリン研究所の世界的権威者Dr.ロネダールを中心に学識と伝統を誇るカルフォルニア大学デイビス校とのラクトフェリンスキンケアの共同研究がスタートしました。
共同活動の中でラクトフェリンの効果実証を進め、新たな可能性を探求しつづけています。

ラクトフェリンを肌の奥へと届ける天然の浸透促進成分「ソホロ」を開発

ラクトフェリンを肌へ安全かつスムーズに浸透させることは、研究の重要なポイントでした。そこでサラヤは、100%植物由来の浸透促進成分「ソホロ」を開発。天然酵母がつくりだすソホロは、カプセル状になってラクトフェリンを包みこみ、肌の奥に届ける役割を果たし、さらにラクトフェリンの浸透を約2倍に高めることがわかりました。このラクトフェリンとソホロが可能にした技術、「浸透型ラクトフェリン」の研究は、さらに高みをめざしています。

※角質層まで